メルライン

フェイスライン、顔にできるニキビケアは保湿が鍵!と言っても過言ではない。

特にあごニキビなんて


ニキビできる

ましになってくる

やっとなおった!!!

またニキビできた...


の繰り返し。


近くに自分の顔が映るものがあれば、その部分の確認したくなるぐらい気になりますよね。。


そのあごニキビケア薬用化粧品といえばメルライン(MELLINE)


このメルライン、本当にすごいと思ってます。


↑メルラインの公式サイトはこちら↑

メルラインは日本で一番売れている実績がある!


ニキビケア用品って数えきれないぐらいあると思うんですよね。

10年前と今はドラッグストアにあるニキビケアコーナーのスペースは倍あるんじゃないのか?

それぐらい今はニキビケア用品が多い!


つまりそんな激戦ジャンルの中、メルラインはあごニキビケア売上No.1になったらしい。

これって凄すぎることだと思います。。


↑メルラインの公式サイトはこちら↑

有名だから累計販売個数10万個突破

メルライン10万個

数あるニキビケア用品の中で有名なので10万個突破しちゃってます。

商品を10万個売る、リピーターがいないと不可能だと思います。

リピーターがいるってことは評判がいいってことですよね。

あとメルラインは薬局やドラッグストア、ドンキなどには置かれてないはず。。

私の住んでる所は田舎だから田舎の店舗には置いてないのかな?

・・調べたら都会でも置かれてない感じですね。

ネットだけで10万個突破。

ネットだけで10万個突破は凄い好評じゃないと達成できないのでは??


そしてなんとメルラインはあの楽天やアマゾンでも取り扱ってません。

それでこの10万個突破という販売数は口コミによるものなんでしょうね。


↑メルラインの公式サイトはこちら↑















ここかはらニキビのお話。敏感肌とにきびの関係

にきびが出来やすい肌というとオイリー肌の人に多いと考えがちですが、

実は敏感肌で乾燥気味の肌でもにきびが出来やすくなるケースがあるのだそうです。

今回は敏感肌とにきびの関係について詳しく説明していきたいと思います。


肌がカサカサしている人は肌のキメが荒く整っていない状態です。

保湿を十分に保つために必要な皮脂膜が十分に形成されていない状態となっています。

そういった肌は、普通の人では何でもない刺激で湿疹がでたり、

かぶれたりする敏感肌の症状を持っています。

また敏感肌の人は肌の水分が不足していることからバリア機能が低下しており、

外部刺激に非常に弱い性質を持っています。

これは水分が不足している事で肌の角質層が乱れていることが関係しています。


こういった状態の中で毛穴の中は細菌が繁殖しやすい状態になっているのです。

肌のキメが粗い部分や角質層が乱れている部分を温床にして、

細菌はどんどん繁殖していきます。

そのため敏感肌で乾燥しやすい人ほど、にきびが出来やすくなってしまうのです。


にきびが出来てしまった場合、

通常であればこまめな洗顔と保水を行うと良いと言われていますが、

これはオイリー肌の人の対策です。

敏感肌の人がオイリー肌の人と同じようなケアを行うと、

帰って症状を悪化させてしまうこともあるそうですよ。

ですから自分の肌質を良く理解した上で、

正しいケアを行いたいものですね。

炎症がひどくなったり、痒みをともなったりと自分ではケア出来ない状態の場合は、

速やかに皮膚科などを受診することをお勧めします。

ニキビ対策のために良い食べ物とは

チョコレートを食べると、ニキビが増える。

ピーナッツを食べ過ぎると、ニキビができやすくなる。

このような言説を耳にしたことがある人は、大勢いるのではないでしょうか。


たしかに、ニキビの原因は皮脂の過剰分泌なので、油っぽい食べ物を取りすぎると、ニキビができやすくなってしまう、と言うのは感覚的に分かりやすい話です。

しかし、実際にはチョコレートやピーナッツ、あるいはその他の脂っぽい食べ物とニキビとの因果関係ははっきりしておりません。

脂が多い食べ物を摂取することで、体内に存在する油脂の量は増えるので、その分皮脂が分泌されやすくなるという可能性はありますが、チョコレートを食べたからと言ってすぐにニキビができてしまうということはありません。


チョコレートとニキビとの関係は明確ではありませんが、食生活とニキビには強い関係性があります。

不規則で、栄養が偏った食生活を続けていると、ニキビができやすくなってしまいます。

栄養のバランスが取れた食生活を心がけ、おいしくニキビ対策をしましょう。


ビタミンが豊富に含まれている食品が、ニキビ対策の食べ物として適しています。

ビタミンは人間の体に必要不可欠な栄養素で、その高い美容効果は万人に知られるところです。


ビタミンAが豊富な食材としては、レバーやニンジン、ホウレンソウが挙げられます。

ビタミンB群が豊富な食材は、肉や卵、牛乳などのタンパク質です。

美容のビタミンとも呼ばれるビタミンCは、野菜や果物などに広く含まれています。

ビタミンの中には、水や油に溶けやすいものもあるため、ただ炒めたりゆでたりしただけでは、流失してしまうことがあります。

お鍋やスープにするなど、調理の過程で栄養素が流出しないようにすることが大切です。